« 映画で見るソンクラーン | トップページ | ソンクラーンの街角 »

2007.04.21

海外安全情報

■外務省・海外安全情報よりお知らせ■

首都バンコク(タイ):大規模集会に対する注意喚起

1.現地報道によれば、2007年4月25日に
首都バンコクにある国会議事堂前で仏教徒7団体による
大規模な集会が計画されており、その規模は10万人から
20万人とも予測されています。

2.タイにおいては、国民の95パーセントが仏教徒と
されていますが、憲法では国教について明文化されておらず、
これらの団体は「仏教が国教である」と、憲法で制定するよう
憲法起草委員らに訴える意向であるとみられています。
また、タイ南部においては依然、分離独立を標榜する
イスラム過激派の活動が激化しており、
今回の仏教徒集会が与える影響も懸念されます。

3.つきましては、首都バンコクに渡航・滞在される方は、
集会が実施されている場所や群衆などに近づかない等、
不測の事態に巻き込まれないよう心掛けてください。

*****
来週、バンコクへ来られる方
ファランポーン駅より西へ行く際は
注意して観光してください。

|

« 映画で見るソンクラーン | トップページ | ソンクラーンの街角 »

【注意情報】」カテゴリの記事

06タイ(2003-09まで)」カテゴリの記事

コメント

仏教を国教にって・・・・・ここまで来ると何処ぞの原理主義国家を想像してしまいまつ。日本でもそのうち神道を国教に!とか言う日が来るのかなぁ?

#あ、神社本庁に言わせれば「神道は宗教じゃない」んですよね。


*****
ココログが海外からの書き込みをはねてしまうので
コメントの上に書かせていただきます、すみません。

>杉山真大さん

タイの仏教界の人が「国民はバラモン教が好き」
って事を知っていて、あせってるんですよ、きっと

じゃなきゃ、頭おかしい
この時期になに考えてるんでしょうかね

投稿: 杉山真大 | 2007.04.22 16:57

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外安全情報:

« 映画で見るソンクラーン | トップページ | ソンクラーンの街角 »